産業用カメラの選び方や基本的な知識を理解しておくと購入しやすい

画素数が高いが値段も高め

男性作業員

カメラの中には産業用のものがあります。これはウェブカメラなどとどこが違うのでしょうか。基本的に産業用カメラは画素数にもよりますが販売価格が10万円くらいなので、ウェブカメラよりも高価です。その分精度の高い画像を映すことができるので要求検査を行うときなどに活躍してくれます。商品に不備がないかを細かくチェックするのなら産業用カメラを使うのが適切です。ちなみに産業用は低いものだと130万画素くらいで高精度なものなら1000万画素を軽く超えるようなものもあります。ウェブカメラ同様にUSBに装着して使うことができるので機械が苦手な方でも扱いやすいでしょう。ウェブカメラの場合はレンズが最初からついています。産業用は別途レンズを購入しないといけないので、総費用は高くなりがちです。形状なども商品により違いがあるので、自身が行う事業に最適なカメラ選びをする必要があります。産業用カメラを買うときは慎重に選びましょう。

カメラの選び方を理解しておくと便利

工場

これから産業用カメラを購入するときには選び方があるので知っておきましょう。基本的にスキャン方式が2つあって、それぞれメリットもあるので理解しておくと良いです。エリアスキャンは正方形のセンサーが搭載されているカメラです。1回の撮影で画像データを保存してくれます。上記の方式は主に工業や医療関係の仕事でカメラを導入するときに向いているでしょう。また医療関係やセキュリティ用のカメラがほしいときもエリアスキャン方式が便利です。ラインスキャンは画像データをラインごと保存するシステムです。高速で物が流れていく現場で検査を行うときにはラインスキャンが適しています。例えばベルトコンベアを導入している向上などに導入すると良いでしょう。他にも放送や印刷関係などの事業に使うことができます。なるべくコストを削減したいならCMOSセンサーを採用しているものが便利です。これはコストパフォーマンスが良くフレームレート高いため合理的な仕様をしています。さらに解像度の高さや省電力などメリットが多いです。CMOSセンサーは光と電気信号を変換する回路が搭載されています。画像データを取得するときも素早く行うことができるので高速撮影に向いているでしょう。またデータアクセスも容易なので使い勝手が良いです。フレームレートは1秒あたりのフレーム数を指す言葉です。レートが多いものほど画像数が増えるのでスムーズな動きを撮影できます。産業用カメラを買うならフレームレートはできるだけ高いものが良いです。

広告募集中