一般向けのカメラでは難しい限定された環境での使用には産業用カメラが適しています

HOME>トピックス>工場をはじめとした特殊なシーンでの使用に耐えうるカメラ

目次

他の機器との連携が容易

男性作業員

多様なインターフェイスを備えているのは産業用カメラの利点です。高速なデータ転送が可能なUSB3.0に対応したものや、マシンビジョンで普及しているGigEに接続することもできます。高解像度の画像を扱いたいようなシーンに最適です。

過酷な環境での使用にも耐えうる

工場

製造ラインでは、機械による振動が激しくカメラの設置に向かない場所もあります。産業用カメラならば振動や衝撃に強い機器が用意されており、通常よりも過酷な環境における使用が可能です。こうした特徴から交通監視や空撮にも使いやすいカメラと言えるでしょう。

顕微鏡と連携した使用を実現

マクロの世界を確認する顕微鏡に装着できるのも、産業用カメラならではの特徴です。顕微鏡からの画像はHDMIケーブルで大型ディスプレイに映し出すこともでき、表示も高速であることからピント合わせにもたつくこともありません。

本体が小型で扱いやすい

製造ラインによってはスペースが少なく、通常のサイズのカメラでは設置が難しい場合もあります。産業用カメラには筐体が小型のものも多く、ちょっとした隙間への取り付けも可能です。一方で本体重量が軽量に作られているため、取り付ける場所への負荷を抑えることもできます。産業用ロボットや医療機器に取り付けての使用は、産業用カメラならではのメリットと言えるでしょう。製品によってはセンサーの感度も高く、明るさが少ない場所での撮影も可能にしてくれます。

広告募集中